HOME 道中記とGマップ オーロラビレッジにて イエローナイフにて

親の最期を看取った姉(61歳:熊本在住)と、子育て完了した夫婦(59歳と60歳:LA在住)とで『体の自由がきくうちに、オーロラを観たいね…』と話題にしたのが2011年の冬。
それにしても、『遠~ぃよねぇ。寒いよねぇ。』と、不安を抱えていましたが・・・、

『三人合同還暦祝いとしてNorthern lightsを目指すぞ!』と決心してからは、
毎朝、NHKのラジオ体操を続行 & インターネットで情報収集!!
目的地は、オーロラ オーバル直下のイエローナイフ,
時期は、紅葉が始まるけれど極寒ではない9月第1週

イエローナイフの場所

インターネット検索によれば、9月の第1週~第2週のロサンゼルス空港とイエローナイフの往復は

735ドル(includes taxes & fees/person)から、
まさに山のように・・・ピンからキリまで。
ところが、よく見ると、所要時間が19時間以上!!
『見知らぬ空港に深夜に着いて早朝に乗り継ぐというのは、ちょっと無理。』
『せっかくだから、メープル街道や氷河観光も!』とも考えましたが、
結局、還暦三人組の体力と気力を考慮して、オーロラを観ることに焦点を当てて手配したのが
下記の航路。米ドル881.24(税金と諸経費を含む一人分の往復)です。
別画面でリンクをクリックすると、さらなるページにリンクします。
位置関係は次のページのGマップを参照してください。

オーロラ観賞の場所は別画面でリンクオーロラビレッジと決めて、別画面でリンク観賞パッケージ(三晩)に2泊追加の5泊6日で手配してもらいました。
★イエローナイフ到着は9月7日(金曜)深夜00:24で、発つのは2012年9月11日(火曜)14:30ですが、到着した晩の宿泊先も確保しなければいけないので、ホテルの予約は“5泊6日”です。
夜にオーロラ観賞をするということは、昼間の熟睡を確保するのが大切です。
5泊6日となると、白いご飯も食べたくなるし…。安全な場所で、清潔な寝具で休みたい…。夜中にゴソゴソ移動するのは現地で昼の時間帯で暮らす人の迷惑も考えなくてはいけません。
悩んで、選りに選って出した希望が
イエローナイフポーラースイートというゲストハウス
値段と立地条件と新しさが気に入り、すぐに予約を入れたのですが、すでに、満室でしたので、別画面でリンクオーロラツアーのパッケージに申し込みました。この結果、5泊の滞在先は
別画面でリンクCoast Fraser Tower Suite Hotel小さなキッチンつきの2ベッドルームとなりました。

・・・これだけの計画を立てて、オーロラを見られたのか?
  ・・・ 結果は【オーロラビレッジにて】のページへ